業務支援

お気軽にご相談・お問合せください!

管総研リモートメンテナンスサービス
管総研ソフトウェア製品を
より快適にご利用いただく為のご提案

インターネット利用によるリモートメンテナンス

インターネット・リモートメンテナンス導入により、安全かつ迅速に運用上の問題を解決します。
また、高速インターネットを利用してのスムーズな操作支援を提供します。

リモートメンテナンスの導入メリット

  1. トラブルなどで緊急対応・調査が必要な場合の対応
  2. 職員の異動直後でサポートが不定期に発生する場合の操作支援
  3. データバックアップ
  4. システムのバージョンアップなどへの対応
  5. サーバ動作状況の確認(ログ、その他の確認)
  6. 小規模なデータメンテナンス
  7. 将来のリモートによる水道業務・運用支援への展開

リモートによる水道業務・運用支援への発展

  1. リモートによる速やかなデータ更新
    1週間程度の間隔で、管路・給水装置のデータをリモートにて更新できるようになります。
  2. マッピングデータを活用した水理解析
    水理解析等の現状分析や管網シミュレーションを利用した、技術検討業務を支援します。
  3. 設計支援による業務の効率化
    設計図面、積算結果を共有することで相互に確認ができ、迅速な修正、完成までをご支援します。

インターネットの接続形態

お客様の情報セキュリティポリシーに沿った、安全なネットワーク環境が実現できます。

(1) 全庁ネットワーク内にセグメント化

  • 既にお客様で構築されている安全なインターネット接続環境を利用することができます。
  • また、上図のように構成することで、既設のネットワークと区別する(セグメント化)こともできます。

(2) 水道業務システム単独接続

セキュリティについて

  1. 接続開始から終了まで、強力な暗号化によりカプセル化・トンネル化されます。SHA-2、RSA1024bit、DH共有鍵暗号化方式、AES256bit(米国防総省採用の方式)
  2. 接続開始に必要なパスワードは、ワンタイムパスワードを採用しています。
  3. 接続するお客さまのクライアントおよび当社のオペレータ端末を制限します。
  4. 中継サーバを利用することで、アクセスの履歴、およびお客様施設内のネットワークに特別な処置が必要がなく、安全にご利用いただけます。


お気軽にご相談・お問合せください!

業務支援